DV男に要注意!

婚活をしている間には、何人もの男の方と出会ったり、お試しでお付き合いをしてみたりすることでしょう。もしあなたがお付き合いをすることになった彼からちょっとした喧嘩で顔をぶたれたり、意見が合わないだけで蹴られたり、物を投げつけられたり、、大切なものを粗末に扱われたり、態度で威圧されたり、声を張り上げて怒鳴られたり、こうしたことを1度でもされたなら、彼はもしかしたら「DV男」かもしれません。 こういった言動は、はっきりとしたDV(ドメスティック・バイオレンス)男の兆候なのですが、うっかり見落としてしまうことだってあるのです。

ではどうして見落としてしまうんでしょうか?
それは、こんなふうに考えるからかもしれません。
「たまたまそういうことがあっただけ」
「私が悪かったからしょうがないのかな」
でも、このように考えるのは危険です。繰り返しますが、上にあげたようなことが1度でもあったら、その男性はDV男かもしれないからです。こんなハッキリした予兆を見逃すはずがないように思うかもしれませんが、ここに落とし穴があるのです。なぜなら、たちの悪いことに、 DV男はこんな一面もあわせもつているからです。ケンカのあとに泣き顔でしおらしく謝罪したり、心から反省している感じの発言をしたりする、「自分でも治したいと思っている」と言う。「君がいなきゃ僕は存在できないよ」等と甘える。パッと見ただけだと、素敵な男性だと感じてしまうかもしれません。でも、実際はこれもDV男の側面なのです。女性に 「だいじょうぶ! 私はちゃんと兆候を見抜けるわ」と自身があったとしても、 DV男と接しているうちに気が付けば「ひょっとして私のせい?」等と反省してしまう女性が多いように思います。DV男は普段はおとなしく、職業もいろいろです。決してステータスの高い職業に就いているからと信用してはいけません。 DV男は、意外に高学歴の方でも多いと言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です