「価値感のズレ」の修正と結婚のあり方

現代社会の中で、男として、女としてといった男女の在り方さえも、多様な日本社会の中で、「結婚」の形を問うという事になると、それはそれで、難儀なものになりそうです。「結婚」関する価値感の相違は誰にでもあって、たとえ結婚相手であっても、現実的に価値のズレといものは否めない事は確かであるからです。問題は、その「価値感のズレ」というものをお互いに、どう扱えるかが本来の問題なのではないかと、昨今の、婚活に悩みを抱えている人々を垣間見ていますとそう考えさせられます。価値感が同じ人は良いというのは、実際には、人の価値感などは、揺れ動くものであって、自分の考えさえも分からない時があるほど、人間などは読み切れない部分もあるものです。それを「結婚」を前にすると、全てが自分に見合った人でないと・・・、というような考えをもっている人たちの考えの中には、結婚相手の理想を実現化する「ロボット婚」などが、未来には流行しているのではないかと思わせるほどです。人間は、わがままであったり、孤独であったり、色んな面をもっている、そのような事を認め合えないというのであれば「結婚」は最初から必要ないのではないかと、「結婚」自体に何の期待をしない人々の層も、社会的なシェアを広げているようにも感じています。「結婚」自体が、皆さんのパーソナルな部分のどのくらいのシェアを占めていますか?日本社会では、第三者からみた場合の、「既婚」の反対側に位置しているワードは、「独身」ですか?「未婚」ですか?このような考えを、1つ1つ自分の中で追ってみると、「結婚」に対する、自身の幻想を整理できるようなそんな気がしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です