婚活をしていて気づいたこと

婚活をしていて気づいたことは、実際に会っている時と、メールなどのSNS上でのやり取りをしている時に、全くの別人さんがいるということです。婚活サイトを利用して、何人かとのマッチングをしていただいているんですが、実際に会っている時と、メールのやり取りの言葉遣いが、マッチせずに、ちぐはぐな男性が結構多いのだな、ということに気づきました。自分のことを棚に上げていて、大変申し訳ないのですが、おそらくこの方々等は、コミュニケーションに関して女性とのやり取りに、つまずきを感じながらおそらくは、婚活をされていらっしゃるのではないかな、という気持ちになりました。例えばメールなどの返信などにおいて、「はいそうです。わかりました」などの文字だけの一ことの返事では、こちらから、その後、何も送れない状況を作ってしまうんです。何もこちらから、メッセージを送信できなくさせてしまう状況というのは、会話が成立しないという事です。例えばですが、「そうですか、わかりました。明日天気になると良いです。」がなどと、要件の他に、天気などのさしさわりのない一事を、付け加えてメッセージを送信してくだされば、こちらからも折り返し、「そうですね。お天気になると良いですね」などと、ちょっとした会話が弾むのです。「はい。わかりました」的な、ビジネスかっていうようなメールが届くだけでは、こちらも会話の糸口が何も見つからなくなってしまいます。彼らは、どうして自分たちが婚活が順調に進まないのか気づいていないのかなあと、ちょっと母親心で、心配にはなりつつ、その後のお付き合いは、お断りしてしまうんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です